ギターコードを変換する時(動画のページではありません)

ギターを弾いているとカポという道具を使います。

買おうはコード進行を簡単に変換して

弾き易くするアイテムなのですが、その使い方がどうも

イマイチ良く分らない、キーを上げる時だけ使ってる。


という方が多いのではないでしょうか?


それは、難しいKeyを簡単にする時
(例えば「Key=G#m」を「Em」で弾きたい、とか。)

元歌のその他のコード達は、どうやって(どのコードに?)

変換すれば良いのかが分らないからです。

 ⇒★「コード進行一発変換表」


これさえあれば、どんなKeyのボーカルにも対応可能。
オリジナルを作る時に、本当はどのKeyが一番歌い易いか
が、分ると同時に「他のメンバーへは、どのKeyで伝えれば良いか

も簡単に分ります。


posted by youtube_guitar at 17:35 | TrackBack(0) | 変わり技、小ネタ編

VAN HALEN ヴァン・ヘイレンJUNPのキーボードソロ

ギターのテクニックじゃありませんが、ギタリストなら一度は聴いたことがある
ヴァン・ヘイレン(VAN HALEN)のJUNPのキーボードをコピーしたいと思ったことがあるはず。

ここでは、キーボードだけに焦点を絞って見ていきたいと思います。

基本のコードは「C」。

普通、ロックギタリストならKeyは「A」とか「E」なのでしょうが、
キーボードでは、黒鍵(黒い鍵盤)が入ると非常に弾きに難くなります。

その点は、さすがのエディーも同じようで、「JUNP」に関してはKeyを「C」に
設定しているようです。

僕もこの曲が流行ったころコピーしようと思ってシンセに向かったら、何のことはないKey=C。

なぁんだ、エディーといえど弾き易さを優先したんだなぁ。。。と思いました。

動画では、動きがやや早いために指の動きが鮮明に見えない部分も多いですが
左手のベース音を見れば分るように、弾き始めが親指と小指で「ド」の音、
いわゆる「C音」を押えているのが分ります。

そして、展開していくと、「F=ファ」から「G=ソ」へと、サブドミナント⇒ドミナント
という王道のコード進行であることが分かります。

途中の転調で、黒鍵を使いますがそこはプロですから、あまりに短調な曲に
なることを避けているのは仕方がないトコでしょう。



イントロのまとめのところで、ドとレを同時に弾いているところもミソ。

ちなみに、キーボード・コードの基本としてメモしておくと。

「C」=「ド・ミ・ソ」

「F」=基本は「ファ・ラ・ド」ですが、ここでは「ド・ファ・ラ」の使い分け

「G」=基本が「ソ・シ・レ」で、「レ・ソ・シ」を使い分け。


転調の部分も、「G#」と「A#」を上手く組み合わせています。


キーボードソロのパートも、「F(ファ・ラ・ド」と「G(ソ・シ・レ)」をキレイなメロディーで弾いています。

ただ単に聴いているだけだと、凄いコトをやっているように思えますが、

ギターの、アルペジオ(コードを分散して弾く)をキーボードに置き換えて
弾いているだけだというのが分ると思います。

たとえ、ギタリストといえど時にはキーボードも操れるようにしておくと
ステージ栄えもするし、目先も変わって面白い曲も出来るかも知れません。
posted by youtube_guitar at 00:44 | TrackBack(1) | 変わり技、小ネタ編

ダイアーストレイツ、マネーフォーナッシング

ダイアー・ストレーツの代表作でもあり、MTVというカテゴリーをファンに定着させる役割も担った名曲。

「Money for Nothing(マネー・フォー・ナッシング)」


ギタリストのマーク・ノップラーはピックを使わないで指で爪弾く奏法を確率した。

マークノップラー奏法とも言われるほど彼の特徴的なサウンドの基礎になっている。

リバーブとかディレイとか何? って言いたくなるほどキレの良い音。

ギターソロや、超絶テクを磨くのもいいけれど、時にはこんな技を持ってるとカッコイイ



最初の画像の指をみて、音を聴きながらゆっくりから始めれば

それほど難しいことをしているわけじゃないので。。。

何回かやるうちに覚えるハズ。
posted by youtube_guitar at 00:02 | TrackBack(0) | 変わり技、小ネタ編

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。