DoobieBrothersのLONG TRAIN RUNNIN' でカッティング

モーターミュージックでは代表格の
「Doobie Brothers」その後に続く38スペシャルやZZTopの道を切り開きつつ
ウェストコーストサウンドの基盤を作った。

なかでも有名な「Long Train Runnin'」はカッティングギターの代名詞。



◇正確なカッティングに徹しているのがよく分かる↓



実際に弦を弾く場合と、ブラッシングといういわゆる「空ピック」


この使い方のとても良い例なので、じっくり練習してください。


これを、パット・シモンズが美しいアルペジオアレンジにしています。



「1 of 3」なので、全てを観るには「2 of 3」「3 fo 3」をどうぞ。


ちなみに、この曲のベースはこちらで見つけました ⇒「ようつべーす」
posted by youtube_guitar at 15:42 | TrackBack(5) | 有名クラシック編

Deep Purple - Highway Star[Original Live]

ディープ パープル「ハイウェイ スター」

貴重な初期の動画です。

いつまであるか分からないので早めに観ておかないと。。。


マシンヘッド・リリース直前のLIVEです。

当時はまだ、アレンジが決まったばかりで冒険的なソロはありません。


それにしても余裕のボーカル・・・・。

この音域をまるで鼻歌のように歌えるノドって
どうなってるんでしょうか。。。



リッチーのソロはあまり映らないのですが、
その音を聴くと1音1音を大事に弾いているのが分かります。

また、ウーマントーンにする瞬間も聴き分けやすい。

ジョノロードのハモンドの手元が見えますが、

鍵盤の上にあるバーのようなものを出したり入れたりでてます。

あれは、左から周波数別のボリュームのようなもので

押すと下がる、引くと出るようになっています。


自分のソロが終わって、次の転回に行く時に

サッとまとめて押して、音を絞っているのが分かりますね。


当時は、このコード進行自体が世にあまり無い進行だったのも

この曲が世界を席巻するきっかけになったのかも知れません。




posted by youtube_guitar at 01:18 | TrackBack(0) | ハードロック・メタル編

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。